移住や海外進出を検討している経営者や個人事業主がどんどん英語が話せるようになるには?

English

こんにちは。
英語コーチの大野てるみです。

このページでは
「3ヶ月のオンライン英語コーチングで英語が話せるようになる理由」
についてポイントに絞ってお話していきます。

  • 時間がないIT関連ビジネスの経営者や個人事業主がどんどん英語が話せるようになるには?
  • なぜオンラインコーチングで英語が話せるようになるのか。
  • オンライン英語コーチングとは何をするのか?
  • どうすれば3ヶ月で英語が話せるようになるのか?

時間がないIT関連ビジネスの経営者や個人事業主がどんどん英語が話せるようになるには?

私は現在、マレーシアのクアラルンプールに住んで、オンライン英語コーチングや海外進出や移住のサポートをしています。

英語「コーチング」とは・・?

・ゴールの設定をサポート
適切な学習戦略の作成
・取り組みが継続するモチベート

・目標達成に必要な行動を促進する

を目的として、オンラインで「セッション」という対話形式でお話を伺いながら、ゴール達成のサポートをしています。

実際に英語コーチングや海外進出サポートでどんなことをしてきたか?というと、

例えば・・

  • 「中学英語も微妙」と言っていた数十社のオーナー経営者さんが英語が話せるようになり、マレーシア移住して、現地のパートナーと英語を使ってビジネスを開始。
  • 「英語は無理、日本からも絶対出ない」と言っていた政界のアドバイザーが英語でニュージーランドやシンガポールの政治関係者に英語でコンサルティングができるようになる。
  • 東京都から出たことがなく、海外に一度も行ったことがないクライアントの奥様への英語コーチングで今では不自由なく海外生活
  • 日本人IT経営者シリコンバレースタートアップ企業視察のアレンジやアテンド

といったことをしてきました。

これまでのお客様から、

「おかげで、海外移住が実現しました。」

「もし大野さんに出会っていなかったら、英語に取り組むことはなかった。」

といった、ありがたい声をいただいています。

英語の成績が学年で下から2番目だったからわかる、英語が苦手だと感じている人でもできる上達法

学生時代の私は最寄りの小学校まで4キロある千葉県の田舎で、英語の成績も下から2番目。

都会や海外に出ることを夢見ながら、学校は遊びにいくところだと本気で思っていました。

そんな状況から、大学時代のイギリス留学をきっかけに、「明確で段階的なゴール設定の重要性」に気がつき、英語力が一気にアップ。

大学卒業後は、航空会社に就職し、エグゼクティブの接客を担当した後に、アメリカのカリフォルニア大学アーバイン校へ留学。

その後、マレーシアに移住して、英語オンラインコーチングをし始めると、

これまで

「英語は無理」
「英語が苦手」

と言っていたクライアントが、

英語が話せるようになり、旅行で不自由なく英語を楽しんだり、
海外の銀行でビジネス関係の手続きができるようになったり、
海外での移住生活を楽しんだりできるようになりました。

そんな、英語に苦手意識を持っている方でもできる、英語学習の方法をお伝えします。

英語教室に通ったりせず、忙しい合間に短期間でこっそり、英語が話せるようになっておきたい。

今まで、

 

今年に入って状況が変化して、何かあった時に日本以外でも、暮せるようになっておきたい。

 
 

今はビジネスが忙しいけど、近い将来、英語はできるようになっておきたい。

 
 

法人や投資先の選択肢に海外が入って、銀行手続きなど、最低限はできるようになっておきたい。

 
 

子供の教育やインターナショナルスクールの用事で英語が必要。

 
 

すでに海外に住んでいるけど、英語は上達せず、毎回「英語はお得意なんですか?」「いや、全然です。」というやりとりに嫌気がさしている。

 

といった英語のリクエストをしてきたお客様が次々と使える英語を身に付けてきました。

それも3ヶ月間、10回のセッションでです。

「それは優秀な起業家とか、元々学歴が高かったり、元々頭がいい人だったからではないですか?」

というご質問をいただきます。

確かに優秀な起業家であることは多いのですが、

「中学英語もまともにやってません。高校は行ってません。」
「be動詞も微妙です。」

と英語で話しかけると、これまでイキイキとビジネスの話をしていた

面持ちが強張り始め、顔面蒼白になり、

「えーと・・・」

と黙り込んでしまう方がほとんどです。

そんな方たちが、3ヶ月間のオンラインコーチングで次々と

海外に住めるようになったり、

英語を使えるようになっていきます。

その理由は・・・

3ヶ月で習得できるカリキュラムをオーダーメイドで作っているからです。

例えば、自動車教習所では個人差はあるものの、1〜2ヶ月で運転ができるようになります。

それは、短期間で運転ができるようになるための、

明確なゴールに合わせたカリキュラムを作っているからです。英語コーチングもそれと同じです。

3ヶ月間でゴールと才能に合わせたカリキュラム
オーダーメードで作っていくので、
短期間でゴールを達成することができます。

英語というのは、運転や筋トレと同じように、一定期間にゴールを決めて、集中的にトレーニングをしないとうまくいきません。

なぜなら、

英語力はバケツに水を入れていくようなもの

だからです。

バケツの水に水を入れて、溢れたら英語ができるようになる。

とイメージします。

しかし、このバケツは、

中にどのくらい水が溜まっているかは見えません。

さらに、バケツの中に入れた水は時間が経つとどんどん蒸発していきます。

ですから、時間をかけて、少しずつ単語や文法を身に付けてもどれくらい水が溜まっているのかは外から見えず、

あと、どれくらいで自分はできるようになるのか分からず、自分の成果を認識することも、モチベーションを保つこともできません。

結果、多くの人が「英語ができない」と挫折します。

だからこそ、

英語を使えるようになるためには、

一定のプレッシャーをかけて、バケツの水を一定期間で溢れさせてしまう必要があります。

ですから、

あなたの才能とゴールに合わせたやり方で3ヶ月間で一気にやってしまうのが、英語学習の近道です。

過去のクライアントさんは3ヶ月で、英語を話せるようになっていきましたが、

その動機やゴールは

  • 英語ができないことで恥をかきたくない。
  • 世界的なベストセラーを書いて、300年後も続くコンテンツを発信したい。
  • お世話になっているビジネス仲間を海外で案内したい。
  • 海外にしか出回ってない情報をいち早くGetして、日本で発信したい。
  • まずは奥さんと安心して海外生活ができるようになりたい。

など、英語を習得する動機は人それぞれ違います。

さらには、一人ひとりが持つ才能や、思考パターンも違います。

個人の才能とゴールに合わせたカリキュラムを作成して短期間でトレーニングを行うことによって、

現時点での英語力や苦手意識に関係なく、やればできるようになります。

しかも必要な期間は3ヶ月間。

あとは、

3ヶ月間、週一回の時間を使って、使える英語を身につけるという、

一生のスキルに投資をするかどうかです。

英語が話せるようになるための手段にこだわりません。

英語ができるようになりたい。

と思って、実際の手段や方法について調べると、

  • 英語が話せるようになるためには、単語をまずは覚えよう
  • 英語が話せるようになるためには、聞き取りが大事
  • 英語が話せるようになるためには、文法をしっかり覚えよう
  • 英語が話せるようになるためには、発音をきれいに

など、様々な情報やメソッドが溢れています。

〇〇が大事。という情報については、どれも正解ですが、一部でしかありません。

それは、その本を書いた人が実践した成功体験ですが、その人と

あなたでは、英語を話すためのモチベーションも、英語が話せるようになって達成したいゴールも、何をしていて楽しいと感じるかも全く違います。

毎回のレッスンでは、

ゴールに合わせたカリキュラムを

オーダーメイドで作成し、ゴールまでの最短コースで達成できるカリキュラムをヒアリングしながら作成していきます

これまでの英語学習では無駄なことをやりすぎています。

これまで独学で英語学習したり、英会話スクールに通っても

英語が使えるようにならないのは

「英語が使えるようになる」目的に対して非効率なことをしすぎていたからです。

学校の英語では、テストで細かい文法や品詞の違いについて

間違いを指摘されましたよね?授業で大勢の前で間違えを指摘されて、恥ずかしい思いをしたりしたかもしれません。

でも、これこそが、「英語を使う」ことを目的にした場合、最大の落とし穴です。

英語はどんどん話して、どんどん間違えることによって、記憶に定着します。

何より、「話す」ということ実体験をすることが大切です。

おそらく、「英語ができない。」

と感じている人は、時間をかけて、長文読解や単語を覚えたけれど、実践で「使う」トレーニングをせずに、「できない」と自信を無くしてしまいます。

まずはあなたのゴールに合わせた環境だけに絞って

必要なフレーズと単語を覚えて瞬発力を上げていく方が

ずっと効果的ですし、それでこそ英語を「使える」ようになっていきます。

いらないことは全部捨てる。

大人になってから英語を習得する場合は、当然ですが、子供の学習とは異なります。

特に経営者や個人事業主の方は、

ビジネスに忙しく、余計なことをやっている時間はありません。

時間自体が貴重な資産です。

貴重な時間で、本当に「使う」ためのトレーニングが必要です。

そのためには、不要なことは全て捨てましょう。あくまで、目的にあったあなたが3ヶ月後に達成したゴールに絞って学びましょう。

そうすることで、短期間であなたの英語力に変化が起こります。

英語コーチングで英語が話せるようになったら次のステージでやりたいこと

これまで「3ヶ月オンライン英語コーチングで英語が話せるようになる理由」

についてお話してきましたが、

海外を飛び回ったり、英語を話せるようになったり、人が英語を話せるようにコーチをしたり、

「どこを目指しているんですか?」

という質問をいただくことがあります。

私は今までもこれからも、

「誰かの変化に立ち会うことや、そのサポートすること」

に情熱を感じています。

具体的には

  • 英語が苦手、勉強も全然できないと言っている人が自信を持って英語が話せるようになって、海外を自由に行き来して、生活や仕事を楽しんでいる。
  • 日本の素晴らしい人やコンテンツを海外に発信したり世界的なベストセラー作家をサポートをする。
  • 国内外の教育や健康についての情報をシェアしたりできる。

そんな未来を実現することをイメージしながら、英語コーチングをしています。

英語の目標は3ヶ月で達成してしまって、どんどんレベルアップしていきましょう。

あなたにあった方法で短期間で英語を使えるようになるコーチング動画+メール講座をプレゼントします。

に興味があれば、

下記のボタンよりお名前とメールアドレスを入力して

「Tellme, English!」動画+メール講座を受けてみてください。こちらの動画+メール講座は無料でプレゼントしています。

ここまででお伝えしたようなアプローチで、3ヶ月で英語が話せるようになるまでの全工程をステップバイステップで解説していきます。

「英語はできるようになりたいけど、何をしたらいいのかわからない。」

そんな方はぜひ、メール+動画講座にお申し込み下さい。